スポ少入団後の親の負担はどのくらい? 基本的な親の役割6つ教えます!

サッカーボールと芝生

この記事では、スポ少入団後の親の負担はどのくらいあるのか、ということについてお伝えします。

我が家の息子は地域のサッカースポーツ少年団に所属していましたが、チーム内での基本的な親の役割は主に6つありました。

「スポ少へ入ると、親の負担はどのくらいあるのか?」など入団への不安を感じている親御さんの参考になりましたら幸いです!

目次

スポ少の親の負担はどのくらい?

スポ少に入団すると、「親は大変」というイメージを持つ方が多いと思います。

各チームによって若干の違いはありますが、基本的には以下の6つの役割があります。

親の役割その1.「スポ少練習時の送迎」

各スポ少チームで練習時間は異なりますが、うちのチームの場合は平日の夜2日間と土日の午前or午後が練習日でした。

夜練は必ず親が送迎する決まりだったので、軽食を食べさせてから送り、一旦帰って夕飯を作ってからまた迎えに行くという流れを繰り返していました。

仕事のあとのルーティーンだったので結構しんどかったですね。

お仕事が終わらない親御さんの子供を迎えに行ったこともあります。

スポ少は他の親に送迎を頼んだり、頼まれたりが結構頻繁にあるでしょう。

親の役割その2.「スポ少練習時の見守り当番」

練習時、子供がケガをしたり具合が悪くなる場合があります。

クラブチームであればコーチが全て対応してくれますが、スポ少のコーチはボランティアですのでそこまで負担をかけられません。

そこで親が当番制で練習時に見守りをします。

特に夏場の練習は熱中症になる子が少なからずいるため、当番は氷やタオル・うちわを持って待機します。

もし具合の悪い子が出た場合は体を冷やすなどの応急処置を実施。

その子の親へ連絡して迎えに来てもらいます。

親の役割その3.「チーム所有のビブス・ユニフォームの洗濯」

子供たちが練習時に使用するビブス。(→ユニフォームの上から被って着用する、背番号付きのベストのようなもの)

練習のときは必ず使用するため、洗濯当番があるのが一般的です。

自分が使ったものだけを洗濯するチーム・各色ごとに洗濯当番が決まっているチーム、もしくはビブスを購入するチームもあります。

各学年で2色以上のカラーがあることの多いビブス。各色ごとの洗濯当番の場合、学年の人数が少ないとすぐに当番が回ってきます。ビブスは1セット10枚くらいあるので干すのも大変でした。

しかも翌日の練習に必要なため、練習から帰ったらすぐに洗濯しなければなりません。ユニフォームは団所有の場合と個人で購入する場合がありますので、見学時に確認しましょう。

親の役割その4.「サッカー試合時の送迎・車両提供」

遠方の試合会場へは、団員の親が自家用車を提供して団のコーチや子供を乗せていくチームもあります。

基本的にスポ少登録してあるチームは、年間で組まれている試合スケジュールに沿って参加申し込みをします。

近場の試合は現地集合が多いですが、遠方での試合は親の車にコーチや子供たちを振り分けて送迎することも。

我が家の所属チームも車両提供がありました。ガソリン代や交通費は団の決めたルールに沿って運転者に支払われます。

車両提供に関しては各スポ少によって異なりますので確認しましょう。

基本的に現地集合というチームもありますし、子供たちに公共交通機関を使わせて勉強させる、というチームもあるようです。

親の役割その5.「スポ少内における役員」

スポ少でも、子供会や小学校のように役員を決めることが一般的です。

特に最高学年である6年生になった子供の親は、保護者会長や副会長・会計など団の運営に関わる役員を請け負わなくてはなりません。

ちなみに6年生以外でも各学年の代表役員が選出されます。

連絡メールが6年役員から各学年役員に送られ、学年役員は自分の学年の親にLINE等で転送します。

他のサッカーチーム・スポーツチームに所属したことがないのでよくわかりませんが、バスケや野球のスポ少の親御さんに聞くと同じように役員選出があったようです。

役員に関しては別記事でもご紹介しています。

親の役割その6.「スポ少行事の手伝い」

フットサルの試合

スポ少ではサッカーの練習や試合のほかに、バーベキューや親子フットサルなどのイベントが年に数回あります。

団のイベントは6年生の保護者が中心となって進めます。会長を中心として、バーベキュー場所の確保・買い出し・準備&片付けなどやることがいろいろあります。

我が家の所属チームの場合、6年生以外の親はそんなにお手伝いがありませんでしたが、団全体で仕事を割り振ってイベントを行うチームもあるでしょう。

ちなみに6年生の子供が団を卒業する際の「卒団式」は主に5年生の親を中心にして進めていました。

まとめ

この記事では、スポ少での親の役割についてお伝えしてきました。

入団後の親の役割は主に以下の6つです。

1.子供の練習時の送迎

2.練習時の見守り当番

3.ビブス・ユニフォームの洗濯

4.試合時の送迎・車出し

5.学年役員

6.行事の手伝い

スポ少は自分の子供だけ面倒を見ればいいというわけではなく、チームの子をみんなで見守ろう、という意識の強い団体です。その分、クラブチームと比べるとどうしても親の負担は大きくなってしまいます。

その恩恵というと大げさですが、学校の運動会やマラソン大会では同じチームの親御さんが、自分の子供を応援してくれたりして心強いです。クラブチームにお任せではなく、「子供と一緒の時間を多く持ちたい」という親御さんにとってスポ少はおすすめの団体です。

最後までお読みいただきありがとうございました!

にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次